読書・勉強

鉄腕アトムなどで有名な漫画家・手塚治虫の名言「二つの希望を持とう」

更新日:

希望は二つ持とう

はじめに『何のために』勉強するのかを考えよう」でも書いているのですが、将来何のために勉強をするのかをしっかり考えることが大切です。

しっかりと胸に「夢」を刻み込むことで、自分の進むべき道が示され、やらなければいけないことが見えてきます。目標もなく、漠然とした状態で勉強をしても、なかなか効率的に知識を蓄えることができません。

将来の大きな到達点・・・夢があるからこそ、自信とモチベーションが生まれるのです。

手塚治虫「ぼくのマンガ人生」

不滅の漫画家・手塚治虫氏は著書「ぼくのマンガ人生」の中で「二つの希望を持とう」と言っています。

大きくなってからは、少なくても二つの希望を持ち、二つのことを続けるのです。いろいろな条件で一つが挫折することになっても、もう一つは残ります。子供から大人になるとき、社会に出るときなど、人生の選択をするときがかならずあります。そんなときに選べるものがあることは、ほんとうに幸せなのです。

手塚治虫氏もマンガ家になるか医者になるか悩んだそうです。

なお、この前文には「何でもいいから、一つのことを高校二年生ぐらいまでつづけていると、それはかならず何らかの形でみなさんの宝物になるのです」と書かれてあります。

手塚治虫氏の場合は、それがマンガだったわけですね。

もし、志望していたことが様々な理由で改めざるを得ないとき、2つ目の希望があればすぐに立ち直ることもできるでしょう。

これからのことを考えるとき、大きな希望と、同時にできるもう一つの希望、そして手塚治虫氏の言葉を思い出すといいかもしれません。

-読書・勉強

Copyright© Erias.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.