読書・勉強

問題集はノートに写してから解くと、結局は効率がよくなる

更新日:

問題集はノートに写して使う

みなさんは問題集をどのように使っているでしょうか。問題集に書き込んで答え合わせをする、最初に赤ペンで答えを記入して赤シートで隠しながら使う・・・いろいろなパターンがありますね。

わたしの経験上、また結果が出たという声を合わせて考えると、結局的に効率のいい勉強は「問題集を解くときは、問題も全部ノートに直接書き写してから解く」ということになりました。

問題を写すのには手間も時間もかかります。それって効率いいの? とよく聞かれますが、ただ暗記するだけよりも、直接ノートに書くことで記憶に残りやすくなります。

そして、問題自体を書き写していくことで、その問題の傾向が掴めるようになるのです。文章・書き方は違っても、出題のパターンというのは、ある程度決まっています。何度も書いていくうちに、そのパターンというのが理解できていくのです。

傾向が掴めるようになると、応用もできやすくなります。テストでよく間違うという人は、出題パターンに対する応用力が身についていない場合が多いです。

ノートに問題を書き写すことで、そういった応用力も高めていけるのです。

ノートの使い方

1:ノートに問題を含めた出題内容を書き写す

まず、ノートに問題集の出題内容をすべて書き写します。もし、見出しや文章が色分けされているのなら、ノートにもカラーボールペンなどでわかるようにしましょう。

問題に図形がある場合は、完璧じゃなくていいので似た感じに書き写します。あまりにも複雑な場合は、デフォルメして問題ありません。

絵やイラストがある場合も、可能な限り書きます。下手でもかまいません。こうやって、簡単でもイラストを書くことで、記憶の定着と忘れた場合の引き出しになるからです。

2:自分で回答を書く

続いて、自分で問題を解いて答えをノートに書きます。問題を解くのに必要な式なども、すべて記入しましょう。

途中で間違ったことに気づいた場合は、消しゴムやテープで修正せず、そのまま斜線を引いて残しておきます。そして、なぜ間違ったのか、どうやって気づいたのかをメモしておきましょう。これが後に絶大な復習効果を生み出します。

3:答え合わせ

回答を見て答え合わせをします。

間違っていた場合でも、消したりしてはいけません。どこで間違ったのかを分析し、気づいた点をメモしておきましょう。

4:間違った問題を再度ノートに写す

1回の勉強の範囲内で、間違った出題をまたすべて問題から書き写します。

大変手間がかかりますね。でも、何度もやっていくうちに、手間がかからないように、より真剣に勉強に取り組めるようになってきます。そして、学習精度も向上し、効率が上がってきます。

最初はつらいですが、諦めずにがんばりましょう。

5:数日後、再テスト

勉強はこれで終わりではありません。「エビングハウスの忘却曲線」によれば、人の記憶は忘れやすいもので、1日経つとかなりの内容を忘れてしまいます。このため、覚えているのかを後々チェックすることが大事なのです。

この再テストは、記憶に残っているかをみるためのものなので、ノートに答えを書くだけでかまいません。

もし、間違っていた場合は、また問題から丸写しで勉強しなおします。

-読書・勉強

Copyright© Erias.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.