金沢カレーの代表格「チャンカレ」とコラボした「チャンピオンカレー餃子」を食べてみた

投稿日:

金沢カレーといえば、あのドロッとした濃厚なカレールーにシャキシャキの千切りキャベツ、ドンと盛られたとんかつ・・・一般的なカレーと比べても、そのインパクトは非常に強力なカレーじゃないでしょうか。

空腹を満たすガツン! と来る味とインパクトは、地元の人のみならず、いまや全国に金沢カレーの名を知らしめています。

金沢カレーの元祖とも言えるのが「カレーのチャンピオン」で、「チャンカレ」の愛称で親しまれています(ちなみに、「カレーのチャンピオン」が店舗の名前で「チャンピオンカレー」が法人名でちょっとややこしいかも)。

関東方面では「ゴーゴーカレー」がフランチャイズで多く出店しており、全部のせの「メジャーカレー」の圧倒的なボリューム感と印象でご存知という方も多いかもしれません。

しかし、地元や北陸地方だとカレーといえば「チャンカレ」という人が多い感じです。最近では関東方面への出店強化の準備も整っているようで、「チャンカレ」が全国区になる日も近いかもしれません(参考金沢カレーの歴史:チャンピオンカレー)。

そんな「チャンカレ」とコラボした餃子がふじや食品から出ていましたので、チャンカレ好きとしても気になったので食べてみました。

ふじや食品「チャンピオンカレー餃子」

チャンピオンカレー餃子

こちらが「チャンピオンカレー餃子」です。チャンピオンカレーのルウを餡に練り込んだあまり見かけないカレー餃子。

チャンピオンカレーらしい黄色と赤の鮮やかなパッケージが、売り場でも大きなインパクトを醸し出していました。

チャンピオンカレー餃子 金沢カレーの歴史

パッケージには「金沢カレーとは」と「チャンピオンカレーの歴史」が書かれています。ちょっと金沢カレー通になれそうなうんちくが書かれているのも嬉しいですね。

【金沢カレーとは】
濃厚でドロッとしたルーが特徴で千切りキャベツが添えられソースがかかったカツが乗っています(チャンピオンカレー創業者 田中吉和のレシピが源流になっています)

【チャンピオンカレーの歴史】
1961年、チャンピオンカレー創業者 田中吉和『洋食タナカ』を洋食店として創業。彼の作るカレーの評判は高く、時を経て現在の『金沢カレー』に繋がりました

チャンピオンカレー餃子 作り方

裏面にはこのチャンピオンカレー餃子をおいしく作る食べ方が書かれています。

普通の焼餃子の他に、おすすめとされている揚げ餃子、レンジで作る蒸し餃子のレシピの3種類。

チャンピオンカレー餃子を揚げ餃子で作ってみた

さっそく、チャンピオンカレー餃子を作ってみました。焼餃子や蒸し餃子もいいですが、今回はおすすめの揚げ餃子で作りました。

チャンピオンカレー餃子 揚げ餃子

油でからっと揚げると、皮の香ばしい香りとカレーのスパイシーな香りで食欲が刺激されます。これ、やばいヤツや・・・。

一口食べてみると、やはりカリっとした食感とカレーの濃厚な味が強烈です。カレーの味と餡に入っているキャベツなどの野菜も相性良く、思った以上にチャンカレしているなといった印象でした。

いくつか焼餃子にもしてみましたが、やはり揚げ餃子が一番おいしく食べられるのではないでしょうか。非常にビールがおいしくいただけます。

まとめ

近年、金沢カレーの進出はめざましく、チャンピオンカレーもそろそろ全国区に出ていきそうな気配。そんな中、こういったコラボがあるとうれしいと感じるチャンカレっ子です。

もし、売り場で見かけましたら、ぜひ揚げ餃子で食べてみてください。かなりおいしいです。ビールのお供、晩酌のつまみにもピッタリです。

レトルトパウチも発売されていますので「チャンカレ」を知らない方も、ぜひその元祖金沢カレーを味わってほしいなと思います。

-

Copyright© Erias.net , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.