今でもディスコクラシックCDとして評価の高い「ダンスマニア・スーパー・クラシック1」

  1. 音楽
  2. 24 view

ユーロダンス・コンピレーション・シリーズとして人気を博した「ダンスマニア」シリーズですが、本編以外にも様々なサブ・シリーズがあります。季節ものの「サマー・ウィンター」や当時人気だったマイアミ発のベースサウンドもの、クラブとのコラボレーションなどがリリースされています。

その中でも人気の高かったのが70~80年代中心のダンスクラシックを収録した「ダンスマニア・クラシック」です。

カイリー・ミノーグやマイケル・フォーチュナティなど、誰もが聞いたことのあるアーティストのサウンドを凝縮したわかりやすいディスコ・コンピレーションということで幅広い層に支持されました。

ノンストップ・ミックスも当時からディスコのDJとして活躍してきた重鎮・松本みつぐ氏を中心としたMSTと、ディスコを知り尽くしたエンジニアが担当しているため、雰囲気もばっちり再現されています。

楽曲もミックスもすばらしいので、現在でも聞き続けているという人も多いこのCDをご紹介したいと思います。

ダンスマニア・スーパー・クラシック1

98年にサブ・シリーズとしてリリースされた「ダンスマニア・スーパー・クラシック」ですが、メジャーな曲・アーティスト中心でわかりやすい選曲になっています。

ノンストップ・ミックスの繋ぎも本編のような派手さはなく、いかにもディスコといった雰囲気があり、聞きやすいミックスです。ディスコものは原曲主義の人も多いですが、これならいいといって聞いている人もいました。

一方で、ディスコヒットをサンプリングしたネオディスコやヒップバッグといわれるジャンルがクラブでも人気で、当時の楽曲を知らない若者も「あ、聞いたことある!」ということがあります。ダンスマニア本編でもスコーシオ一派を中心としたディスコカバーものが人気です。

こういったこともあり、老若男女問わず聞けるコンピレーションとなっています。

収録曲

1:I Should Be So Lucky/Kylie Minogue

ご存じ、カイリー・ミノーグの代表曲ともいえる「ラッキー・ラブ」。ストック・エイトケン・ウォーターマンのPWLからリリースされ、世界中で大ヒットしたナンバーです。99年には元横浜マハラジャのDJチーム「横田商会(Y & Co.)」による「I Should Be So Lucky(Y & Co. ’99 Edit)」がリリースされ、クラブでもよくプレイされました。

収録CD(Amazon)Kylie Minogue Greatest hits/Kylie Minogue

2:Turn It Into Love/Kylie Minogue

こちらもカイリー・ミノーグのヒット曲。アルバムからの日本限定カットで、WINKのカバーも相まって大ヒットします。この曲の人気を受け、U.K.でヘイゼル・ディーンによるカバーがリリースされることになりました(カイリーのがオリジナルですが、よく勘違いされる)。2000年には「Night Of Fire/Niko」でおなじみのリミックスチーム「New Generation」によるRe-EDITがリリースされました。

収録CD(Amazon)Kylie Minogue Greatest hits/Kylie Minogue

3:Respectable/Mel & Kim

86年にデビュー曲「Showing Out」が注目され、翌年にリリースされ大ヒットしたナンバー。この曲もやはりPWLのストック・エイトケン・ウォーターマンによるプロデュースのナンバーで、U.K.チャート1位をはじめ各国でチャートインしています。

収録CD(Amazon)F.M.L./Mel & Kim

4:Upside Down/Coo Coo

やはりユーロビート界に欠かせないプロデューサーであり、現在でも活躍しているマウロ・ファリーナがプロデュースを務めたナンバー。当時から現在に至るまで、ディスコに必須の1枚でしょう。Y & Co.がREMIXした「Upside Down (Hyper Euro Mix)」も存在します。

収録CD(Amazon)Fun Bun/Coo Coo

5:Give Me Up/Michael Fortunati

ご存じ、ディスコに絶対必須なアーティストの一人であるマイケル・フォーチュナティの大ヒットナンバーでオリコン洋楽チャート4週連続1位を記録。Babeによるカバーも話題になりました。ディスコのみならず、邦楽でも長山洋子、中森明菜、元マハラジャ社長の成田勝、安良城紅、玉置成実、再結成も記憶に新しいW (ダブルユー)等、様々なアーティストによってカバーされている名曲です。

収録CD(Amazon)Compleat Best Of Michael Fortunati/Michael Fortunati

6:Into The Night/Michael Fortunati

同じくマイケル・フォーチュナティのヒットナンバーで、こちらもディスコに欠かせない1曲。特に元マハラジャ社長の成田勝のカバーの印象が強く、ディスコでもカバーバージョンを好んでプレイするDJも多かったです。また、2019年には全曲ディスコカバーの「ザ・ベスト・オブ・ディスコ・カバーズ」をリリースしています。

収録CD(Amazon)Compleat Best Of Michael Fortunati/Michael Fortunati

7:Eat You Up/Angie Gold

日本では荻野目洋子のカバーである「ダンシング・ヒーロー」があまりにも有名なアンジー・ゴールドのこの曲。話題となった大阪府立登美丘高等学校ダンス部の「バブリーダンス」でも使用されているほか、盆踊りでもカバーが使用されるなど今では身近なダンスミュージックとなっています。

収録CD(Amazon)The Best Of Angie Gold/Angie Gold

8:P-machinery/Propaganda

1983年にデビューしたドイツ出身のエレクトリックバンド。Frankie Goes To HollywoodやArt Of Noiseなど人気バンドを次々と送り出した名門ZTTレーベルからリリースされたこのナンバーもディスコでヒットした他、日産マーチのテレビCMに使われるなど各方面で人気でした。

収録CD(Amazon)A Secret Wish/Propaganda

9:Relax/Frankie Goes To Hollywood

引き続き、前出のZTTレーベルからリリースされたFGTHの特大ヒットナンバー。U.K.チャートを始め、ヨーロッパ各国で大ヒットし、続く「The Power Of Love」や「Two Tribes」も人気でした。

収録CD(Amazon)Welcome to the Pleasuredome/Frankie Goes To Hollywood

10:Future Brain/Den Harrow

1982年に「To Meet Me」でデビュー後、コンスタントにヒット曲をリリースしてきたデン・ハロウ。85年にリリースされたこのナンバーは、イタリアを始めヨーロッパ各国でヒットした後、U.K.でもチャートイン。日本では86年にU.S.盤が入ってきてからディスコでプレイされるようになった通好みの1曲。

収録CD(Amazon)The Best of Den Harrow/Den Harrow

11:Long Train Lunnin’/The Doobie Brothers

1971年のデビュー以降、再結成を経て、今なおシーンで活躍するアメリカのロックバンドであるドゥービー・ブラザーズ。93年にリリースされたRemix盤がディスコ・クラブでも人気となり、特にU.K.盤の「Long Train Runnin’ (Sure Is Pure 12″ Mix)」の人気が高かったです。

収録CD(Amazon)The Very Best Of The Doobie Brothers/The Doobie Brothers

12:It Only Takes A Minute/Tavares

日本では「愛のディスコテック」の邦題でおなじみのタバレスのヒット曲。オリジナルは75年のリリースですが、現在のディスコでよくプレイされているのは87年にリリースされたBen LiebrandによるRemixである「It Only Takes A Minute(Extended Remix)」です。

収録CD(Amazon)Best Of Tavares/Tavares

13:Get Ready/Carol Hitchcook

オーストラリア出身のダンスポップ・シンガーであるキャロル・ヒッチコックのスマッシュヒット。プロデュースは数々のユーロビートヒットをチャートに送り込んだPWLのストック・エイトケン・ウォーターマン。お得意のカバーソングで、このナンバーも1966年に「The Temptations」がヒットさせた曲のカバーです。

収録CD(Amazon)That’s Eurobeat Compleat Works/V.A.

14:Fly To Me/Aleph

「Fire On The Moon」共々、こちらもディスコにおいてユーロビートで外すことのできない1曲でしょう。メンバーのデイヴ・ロジャースはA-Beat Cレーベルを立ち上げ、現在でも日本にユーロビートを供給し続けています。そのデイヴのプロデュースで97年に復活し「Let The Music Play」「Generation Of Love」をリリースしています。

収録CD(Amazon)That’s Eurobeat Vol.2/V.A.

15:Two Tribes/Frankie Goes To Hollywood

「Relax」同様、ZTTレーベルから1984年にリリースされ、U.K.チャートを爆走したセカンドシングル。アメリカとソ連の冷戦を皮肉った楽曲で、レコードにもレーガン大統領とチェルネンコ書記長が描かれており、PVでも2人がリングで挑発しながら殴り合うという危険極まりない内容で話題となりました。

収録CD(Amazon)Welcome to the Pleasuredome/Frankie Goes To Hollywood

16:You Think You’re A Man/Divine

アメリカの俳優で巨体のドラァグ・クイーンというキャラクターで、映画「ピンク・フラミンゴ」はカルト的な人気を得ています。81年から歌手としてもデビュー。ボビー “O”のプロデュースで「Shoot Your Shot」「Native Love Step By Step」等をヒットさせ、84年にストック・エイトケン・ウォーターマンのプロデュースでこの曲をリリースし、日本でも話題となります。

収録CD(Amazon)The Best of Divine/Divine

17:Pistol In My Pocket/Lana Pellay

ラナ・ぺレーことアラン・ペレー(様々な呼び名がある)はLGBTの役者で、86年にPWLのエンジニアらによるプロデュースでディスコ・ディーヴァに転身。「Pistol In My Pocket」はオーストラリアで17位、ニュージーランドで40位のヒットとなりました。日本でもヒットし、これがあると「ディスコだな」と感じる1曲です。

収録CD(Amazon)That’s Eurobeat Compleat Works/V.A.

18:Telephone Operator/Pete Shelly

セックス・ピストルズに影響を受けたパンクバンド「The Buzzcocks」のボーカル&ギターで、ソロデビュー後83年にリリースした「XL·1」からのリードトラック。ロックファンのみならず、ディスコでも連日オンエアされていました。

収録CD(Amazon)XL·1/Pete Shelly

19:Unexpected Lover/Lime

カナダのディスコ・ハイエナジーデュオであるライムは、デニス&デニースの夫婦によるユニットです。この曲は日本で「思いがけない恋」の邦題でおなじみで、U.K.ハイエナジーチャート1位を記録した他、アメリカのディスコチャートでも上位に食い込んだ名曲。プロもオンリーの日本語カバーも話題になりました。

収録CD(Amazon)Unexpected Lovers/Lime

20:Boom Boom/Paul Lekakis

俳優やモデルとしても活躍していたポール・レカキスのスマッシュ・ヒット。いろいろ裏話のある曲ですが、現在でもポールは楽曲をリリースし続けています。2001年にはB4 ZA BEATによる日本限定のRemixもリリースされました。

収録CD(Amazon)That’s Eurobeat Vol.3/V.A.

21:Meet My Friend/Eddy Huntington

86年に「U.S.S.R.」でデビュー後、「Up & Down」に続く「Meet My Friend」もヒットしたエディ・ハンティントン。前曲「Boom Boom」と同じプロデューサーによるナンバーで、日本でも大人気の1曲でした。2000年にこちらもB4 ZA BEATによってRemixされています。

収録CD(Amazon)That’s Eurobeat Vol.7/V.A.

22:Ever And Ever/Venice

87年に「Hello D.J.」でデビュー後、Fleaレーベルよりリリースされた「You Gave Me Love」が人気を呼んだヴェニス。日本ではこの「Ever And Ever」がユーロビートタイムのラストにプレイされることが多かった定番のナンバーです。

収録CD(Amazon)That’s Eurobeat Vol.12/V.A.

23:Boom Boom Dollar/King Kong & D.Jungle Girls

ディスコの盛り上がりに必須のブンブン・ダラー。やはり、この「Red Monster Remix」はマストでしょう。DDRに収録されたことから、若い人にも認知度が高かったです。ハイスピードRemix「Boom Boom Dollar(K.O.G G3 Mix)」も若者に人気でした。

収録CD(Amazon)King Kong Greatest Hits/King Kong & D.J.Ungle Girls

24:High Bright Night/Elisa Fiorillo

中原めいこ作曲でDJチーム「MID」がアレンジした楽曲で、日本限定ナンバー。当時もよくプレイされましたが、現在ではこのレコードが海外のコレクターにも話題となっており、レアアイテムとして取引されています。

収録CD(Amazon)Dancemania Classics/V.A.

まとめ

前作のダンスマニア・クラシックスはオリジナルで収録されていますが、こちらの「スーパー・クラシックス」シリーズはノンストップ・ミックスということもあって、普段のリスニングのほか、ドライブなど様々なシーンで聞きやすいCDとなっています。

繋ぎも最近のユーロビートミックスによくある叩きなど細工はなく、選曲など昔のディスコの雰囲気をしっかりと再現していて、とてもいい感じではないでしょうか。

最近、ディスコが各地で復活してきており、ふたたびディスコ旋風が巻き起こりそうな予感がします。その予習にもぴったりなCDではないでしょうか。

気になる曲があったら、ぜひチェックしてみてください。

90年代のダンスミュージックとアニソンとオンラインゲームが大好物な人。以前はアイドルやアニソンのDJをしていたこともあります。

記事一覧

関連記事

「Can’t Take My Eyes Off …

ボーイズ・タウン・ギャングは1981年にシュープリームスの歌姫「ダイアナ・ロス」のカバー「REMEMBER ME~AIN’T NO MOUNTAIN HIGH ENOUG…

  • 37 view