アース・ウィンド・アンド・ファイアーの代表曲「セプテンバー」

セプテンバーはアース・ウィンド・アンド・ファイアー(EW&F)が1978年にリリースしたナンバーで、グループの代表的な楽曲のひとつに数えられています。ディスコでも大ヒットしたほか、TVや映画など様々なメディアで使用されていますので、EW&Fは知らなくても曲は知っているという人も多いのではないでしょうか。

EW&Fは、シカゴを拠点に活躍していたソングライター兼プロデューサーのモーリス・ホワイトが1969年にソルティ・ペパーズを結成。翌年にバンド名を「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」と改めます。1972年にフィリップ・ベイリーが加入。モーリスとフィリップによるツインヴォーカルが持ち味のファンキーなグループへとなりました。

EW&Fといえば、やはりこの曲は外せないわけで、ディスコでもこの曲がプレイされると一気にフロアへ人が押し寄せ、ステップを踊ります。優しくもグルーヴ感あふれるメロディー、思わず口ずさんでしまう歌詞・・・ディスコでも絶対になくてはならない音のひとつでしょう。

2012年5月17日に開催されたデビュー40周年記念コンサートでの人気投票では、堂々の1位を記録。

「この曲はコンサートでも毎回特別な思いをもって演奏している曲。EW&Fを代表する曲であると同時に、私たち自身にとっても最も大切な曲です。この曲が日本で愛され続けていることを本当に嬉しく思っています。」──フィリップ・ベイリー(vo)

やはり、みんなに愛される曲ですね。カバーやセンプリングネタで使われることも多く、ディスコを知らないクラブ世代の子でも知っているでしょう。

カバーではダンス☆マンが「接吻のテーマ」というタイトルでカバーしていたことがありました。「愛には~大事ね接吻は~♪」という妙に合った歌詞が印象深いです。それ以降、このフレーズを聞くと空耳にしか聞こえなくなりました。

なお、2016年2月3日、リーダーのモーリス・ホワイトがロサンゼルスの自宅で亡くなられました。74歳でした。ご冥福をお祈りします。

 
Sponsored Links
  
 
 
  

最新記事

  1. クリスマスの時期がやってきましたクリスマス・シーズンが到来し、街はどこもかしこもクリスマス色に染…
  2. ディスコ・ブームに湧いた70~80年代。次々とリリースされるディスコ・サウンドの中には「どうしてこん…
  3. ディスコ・サウンドには非常にオリエンタルな雰囲気の楽曲も多く存在します。アラベスクのように、明らかに…
  4. オールジャンルですクリスマスシーズンになると、結構ディスコ・イベントが開かれたりして、毎年ちょっ…
  5. サンプリングとは、他の楽曲のフレーズを引用してループさせたりすることで、新たに楽曲を作る手法のことで…
  6. 第二期dreamのアルバムはユーロカバー・オンリーdreamはavexが開催したオーディション「…
  7. シェリル・リン唯一のリミックス・オンリー盤シェリル・リンといえば、ダンスクラシックの名曲「Got…
  8. 女優兼アーティストであったアイリーン・キャラの名前は知らなくても、映画「フラッシュダンス」およびその…
  9. カラフルでキャッチーな曲が最近少ない最近、やたら明るく・楽しいポップな音楽が少なくなった気がしま…
  10. オリビア・ニュートン=ジョンは70年代には「I Honestly Love You(愛の告白…

ピックアップ記事

  1. アニメ・アニソンとディスコ・クラブ最近は下火になっているようですが、アニメ・アニソンをメインと…
  2. ダンス必修化平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改定があり、武道・ダンスが必修となりました…
  3. 近年、80年代・バブルといったキーワードを頻繁に聞くようになりました。それと一緒にディスコ関連の動き…
PAGE TOP