伝説的プロレスラー「ミル・マスカラス」の入場テーマでも知られる「スカイ・ハイ/ジグソー」

ジグソーはイングランドのロックバンドで「スカイ・ハイ」が代表曲として知られています。同バンド最大のヒットとともに、映画「スカイハイ(The Man From Hong Kong)」で使用されたり、レジェンド・プロレスラーである”仮面貴族”ミル・マスカラスの入場テーマ曲でも有名でしょう。CMなどでも使用され、人力飛行機コンテスト「鳥人間コンテスト選手権大会」のテーマ曲としても記憶に残ります。

壮大なイントロに始まり、どんどん高まっていく高揚感・・・スポーツ選手の入場テーマとして、すごく相性がいいです。ミル・マスカラス以外にも、様々なスポーツ選手がこの曲を使っています。

ユーロビート・バージョンも存在し、ピート・ハモンドによってPLW的なアレンジでREMIXされています。振り付けもあって、自分が通っていたディスコではユーロタイムのラストにプレイされることが多かった記憶があります。

95年にはデッド・オア・アライブやカイリー・ミノーグ、バナナラマなどユーロビートアーティストを大量にチャートへ送り込んだ元PWLのストック&エイトキンのプロデュースにより「NEWTON」がカバーし、オーストラリア中心に大ヒット。日本でもディスコ・クラブでよくプレイされました。ポピュラーミュージックの哀愁あるメロディがコマーシャルなテクノサウンドにのって、自然と体が揺れます。

NEWTONのバージョンも現代風ダンスリズムで使いやすいため、BGMなど様々なところで耳にすることがあります。

また、第三次ユーロビートブームのとき、NEWTON版がユーロビートバージョンにREMIXされ、パラパラがファン公募で募集されたことも話題になりました。本家ジグソー共々、スカイ・ハイとユーロビートは切っても切れない関係だといえるでしょう。

2000年には4 Non Blondesの「WHAT’S UP」をカバーしU.K.で大ヒットさせた「DJ MIKO」が「スカイ・ハイ」をカバー。ダンスミュージック・コンピレーションシリーズ「ダンスマニア」関連に収録されて人気でした。また、音楽ゲーム「ダンス・ダンス・レボリューション・ソロ2000」にも収録されています。

時代を超え「スカイ・ハイ」はダンス・シーンに欠かせない1曲であるとともに、原曲の力強さを今でも感じざるを得ません。

 
Sponsored Links
  
 
 
  

最新記事

  1. クリスマスの時期がやってきましたクリスマス・シーズンが到来し、街はどこもかしこもクリスマス色に染…
  2. ディスコ・ブームに湧いた70~80年代。次々とリリースされるディスコ・サウンドの中には「どうしてこん…
  3. ディスコ・サウンドには非常にオリエンタルな雰囲気の楽曲も多く存在します。アラベスクのように、明らかに…
  4. オールジャンルですクリスマスシーズンになると、結構ディスコ・イベントが開かれたりして、毎年ちょっ…
  5. サンプリングとは、他の楽曲のフレーズを引用してループさせたりすることで、新たに楽曲を作る手法のことで…
  6. 第二期dreamのアルバムはユーロカバー・オンリーdreamはavexが開催したオーディション「…
  7. シェリル・リン唯一のリミックス・オンリー盤シェリル・リンといえば、ダンスクラシックの名曲「Got…
  8. 女優兼アーティストであったアイリーン・キャラの名前は知らなくても、映画「フラッシュダンス」およびその…
  9. カラフルでキャッチーな曲が最近少ない最近、やたら明るく・楽しいポップな音楽が少なくなった気がしま…
  10. オリビア・ニュートン=ジョンは70年代には「I Honestly Love You(愛の告白…

ピックアップ記事

  1. ダンス必修化平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改定があり、武道・ダンスが必修となりました…
  2. 近年、80年代・バブルといったキーワードを頻繁に聞くようになりました。それと一緒にディスコ関連の動き…
  3. アニメ・アニソンとディスコ・クラブ最近は下火になっているようですが、アニメ・アニソンをメインと…
PAGE TOP