「Can’t Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」のカバーが有名なボーイズ・タウン・ギャング

ボーイズ・タウン・ギャングは1981年にシュープリームスの歌姫「ダイアナ・ロス」のカバー「REMEMBER ME~AIN’T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH」でデビューしたディスコバンドです。

最近では女優の桐谷美玲さんが1980年代にタイムスリップしてディスコに来ちゃって、そこでみんなが「Can’t Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」を踊っているというスマホのCMが話題になりました。しかし、料金の1980円と1980年代をかける、というのはなかなかおもしろいですね。まさに、おっさんホイホイ。興味深くCMを見てしまいました。

ボーイズ・タウン・ギャングのセカンドシングル「Cruisin’ The Streets」はビルボードのHot Dance Club Playチャートで5位を記録し、各国でも話題になりましたが日本ではあまり人気はありませんでした。日本でボーイズ・タウン・ギャングといえば、やはり「Can’t Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」のカバーでしょう。

「君の瞳に恋してる」は元々、フォー・シーズンズのフランキー・ヴァリがソロシングルとしてリリースしてヒットした曲です。後に様々なアーティストによってもカバーされているポピュラーミュージックです。

カバーしたアーティストはペット・ショップ・ボーイズ、シーナ・イーストン、グロリア・ゲイナー、ローリン・ヒルなど、まさにポピュラーソングの代表と言える面々。日本においてもZARD、椎名林檎、MISIA、Tommy february6 、KinKi Kids、三代目J Soul Brothersなど有名なアーティストがカバーしています。

この曲のディスコアレンジは日本で大ヒットしましたが、これを超える楽曲が出ずにボーイズ・タウン・ギャングは一発屋という印象があるかもしれません。自分の周りでは「Cruisin’ The Streets」や「ソウル・トレインのテーマ」で有名なスリー・ディグリーズの「WHEN WILL I SEE YOU AGAIN?(天使のささやき)」のカバーが人気ありました。

 
Sponsored Links
  
 
 
  

最新記事

  1. クリスマスの時期がやってきましたクリスマス・シーズンが到来し、街はどこもかしこもクリスマス色に染…
  2. ディスコ・ブームに湧いた70~80年代。次々とリリースされるディスコ・サウンドの中には「どうしてこん…
  3. ディスコ・サウンドには非常にオリエンタルな雰囲気の楽曲も多く存在します。アラベスクのように、明らかに…
  4. オールジャンルですクリスマスシーズンになると、結構ディスコ・イベントが開かれたりして、毎年ちょっ…
  5. サンプリングとは、他の楽曲のフレーズを引用してループさせたりすることで、新たに楽曲を作る手法のことで…
  6. 第二期dreamのアルバムはユーロカバー・オンリーdreamはavexが開催したオーディション「…
  7. シェリル・リン唯一のリミックス・オンリー盤シェリル・リンといえば、ダンスクラシックの名曲「Got…
  8. 女優兼アーティストであったアイリーン・キャラの名前は知らなくても、映画「フラッシュダンス」およびその…
  9. カラフルでキャッチーな曲が最近少ない最近、やたら明るく・楽しいポップな音楽が少なくなった気がしま…
  10. オリビア・ニュートン=ジョンは70年代には「I Honestly Love You(愛の告白…

ピックアップ記事

  1. ダンス必修化平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改定があり、武道・ダンスが必修となりました…
  2. 近年、80年代・バブルといったキーワードを頻繁に聞くようになりました。それと一緒にディスコ関連の動き…
  3. アニメ・アニソンとディスコ・クラブ最近は下火になっているようですが、アニメ・アニソンをメインと…
PAGE TOP