「PICK UP THE PIECES」「LET’S GO ROUND AGAIN」のヒットで知られるアヴェレージ・ホワイト・バンド

アヴェレージ・ホワイト・バンドはイギリス出身のファンク・ソウルを中心としたバンドで、1971年に結成されています。白人によるフアンク・ソウル・バンドということで、その音楽はホワイト・ファンク、ホワイト・ソウルなどとも呼ばれました。

アヴェレージ・ホワイト・バンドといえば、「PICK UP THE PIECES」や「LET’S GO ROUND AGAIN」のヒット曲が有名でしょう。

「PICK UP THE PIECES」はニューヨークへ渡り、アトランティック移籍第一弾として1974年にリリースされた「AWB」に収録。ゴールドディスクを獲得したこのアルバムからのカットで、全米1位を記録しています。

インストゥルメンタル曲でありながら、そのファンキーなノリはバツグンで、自然と体が揺れるナンバーでした。後にダルファーの娘で同じくサックス奏者のキャンディー・ダルファーによってもカバーされています。

「LET’S GO ROUND AGAIN」はプロデューサーにデヴィッド・フォスターを迎え、AOR(Adult-Oriented Rock)として完成されたアルバム「シャイン」に収録。リリースは1980年で、この頃よりTOTOやシカゴなど、AORのサウンドが広がりを見せてきており、アヴェレージ・ホワイト・バンドもまたファンクから路線変更しました。

従来のファンクを好む層からはウケが悪かったですが・・・アルバムの完成度自体は高く、始めてアヴェレージ・ホワイト・バンドを聴く、という人には違和感はないかもしれません。やはりバンドが生き残っていくには路線変更も仕方がないと思わずにいられない1枚でした。

「Carolyn Crawford」や「Yell!」のカバーもありますが、「LET’S GO ROUND AGAIN」といえば98年にリリースされた元エターナルの白人シンガー「Louise」のカバーもヒットしました。

 
Sponsored Links
  
 
 
  

最新記事

  1. クリスマスの時期がやってきましたクリスマス・シーズンが到来し、街はどこもかしこもクリスマス色に染…
  2. ディスコ・ブームに湧いた70~80年代。次々とリリースされるディスコ・サウンドの中には「どうしてこん…
  3. ディスコ・サウンドには非常にオリエンタルな雰囲気の楽曲も多く存在します。アラベスクのように、明らかに…
  4. オールジャンルですクリスマスシーズンになると、結構ディスコ・イベントが開かれたりして、毎年ちょっ…
  5. サンプリングとは、他の楽曲のフレーズを引用してループさせたりすることで、新たに楽曲を作る手法のことで…
  6. 第二期dreamのアルバムはユーロカバー・オンリーdreamはavexが開催したオーディション「…
  7. シェリル・リン唯一のリミックス・オンリー盤シェリル・リンといえば、ダンスクラシックの名曲「Got…
  8. 女優兼アーティストであったアイリーン・キャラの名前は知らなくても、映画「フラッシュダンス」およびその…
  9. カラフルでキャッチーな曲が最近少ない最近、やたら明るく・楽しいポップな音楽が少なくなった気がしま…
  10. オリビア・ニュートン=ジョンは70年代には「I Honestly Love You(愛の告白…

ピックアップ記事

  1. 近年、80年代・バブルといったキーワードを頻繁に聞くようになりました。それと一緒にディスコ関連の動き…
  2. アニメ・アニソンとディスコ・クラブ最近は下火になっているようですが、アニメ・アニソンをメインと…
  3. ダンス必修化平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改定があり、武道・ダンスが必修となりました…
PAGE TOP