80年代にヒットを連発した元PWLのストック&エイトキンが90年代に出していた名曲

80年代以降のストック&エイトキン

80年代にデッド・オア・アライブやカイリー・ミノーグ、バナナラマなど一連のユーロビート・アーティスト達をチャートに送り続け、まさに世界中にユーロビート旋風を巻き起こした伝説のプロデュースチームである「PWL」。このプロデクションに所属していたマイク・ストックとマット・エイトキンが90年代に新たに設立したレーベル「Love This Records」からもヒット曲・名曲がたくさん生まれています。

オリジナル曲もありますが、やはりカイリー・ミノーグの「ロコモーション」やバナナラマの「ヴィーナス」に代表されるように過去のディスコ・ソングやポピュラー・ミュージックの名曲をカバーすることが多く、ニュートンの「スカイハイ」やニッキー・フレンチの「愛のかげり」が代表曲と言えます。そういった名曲のカバーのみで構成された「DANCE COVER SENSATION」も話題となりました。

日本ではニッキーの「愛のかげり」が95年に開催された「avex dance Matrix ’95」のテーマ曲に使用されたり、タジャーナの「サンタマリア」がアトランタオリンピックの大会速報のBGMに使用されたりしてダンスシーンだけでなく、ポップフィールドでも幅広く受け入れられました。現在のディスコ・イベントでもサンタマリアがかかったりすることもあり、流れるとすぐ体が反応します。

そして、名古屋のラジオ局「ZIP-FM」では、ほとんど無名であったジョン・オーティス(実はかつてPWLからも曲をリリースしている)の「Nothings Gonna Change My Love For You(変わらぬ想い)」がチャートTOPを獲得し、大きな話題となりました(翌年にはF.R.Davidのカバー「Words」が再びチャート1位を記録します)。PWL時代から衰えることのないその仕事ぶりは、ダンスシーンだけではなく洋楽ポップフィールドまで浸透していきました。

80年代のユーロビートブーム以降も名曲をリリースしていたストック&エイトケン。そんなナンバーを振り返ってみたいと思います。

90年代のストック&エイトケン・プロデュース曲

Total Eclipse Of The Heart/Nicki French

er5wywea4tやはり、この曲は外せないでしょう。ボニー・タイラーが83年に放ったヒット曲「愛のかげり」のカバーであり、オーストラリアで1位を獲得。U.K.でも大ヒットし、アメリカでは最高位2位まで上昇。後に自身のプロダクションを設立して「Ti Amo」が話題になります。こちらも名古屋系の曲ですね。

Heaven Is A Place On Earth/Nicki French

tzerkltud日本ではアルバムのボーナストラックに収録されていたベリンダ・カーライルのディスコ定番曲。この曲以降、ダンスシーンでは「Heaven Is A Place On Earth」のカバーが(特にトランス方面で)多くなった印象があります。名古屋のレコードショップ「MEGA-MIX Records」の店長がRe-Editした「Extended M-Mix」も存在します。

Sky High/Newton

dszrtuaetjkzジグソーの大ヒット曲であり、レジェンド・プロレスラー「仮面貴族」こと「ミル・マスカラス」の入場テーマとしてもおなじみ。こちらのカバーもヒットしました。非常にノリもいいし使いやすいので、現在でもディスコ・イベントでニュートンのスカイ・ハイがかかったりします。

Santa Maria/Tatjana

dazkjsyro96年に大ヒットしたカラフルでキャッチーなEURODANCE。アトランタオリンピックの速報テーマ曲としても使用されました。テクノ、トランス、ラテン、ユーロビートなど様々なリミックスが制作されて息の長いロングヒットとなっています。現場では横田商会の「Y & Co.Remix」が人気でした。

Ridin’ High/Serena

derszu7o5desタジャーナのサンタマリアを踏襲したEURODANCEで、その筋の人たちには第二のサンタマリアと期待されていましたが不発でした。しかし、根強い人気もあり、98年には「Happenin’ All Over Again」でデビューし、イギリスNo.1のソープ・オペラ「コロネーション・ストリート」のマキシン役で有名な「トレイシー・ショウ」がカバーしています。

No Surrender/Deuce

waer4uwi6s「Call It Love」「I Need You」「On The Bible」のクラブヒットをU.K.で放ったDeuceですが、今までのダンス色を抑えたポップなナンバーで、かつてのPWLサウンドを思い起こさせる良曲です。多分、日本ではほとんど紹介されていませんね・・・。

Because You Loved Me/Suzann Rye

rsto68df6ytカバーものでも定評のあったPWLですが、90年代でもその手腕は衰えることなく「DANCE COVER SENSATION」といった、かつての名曲をカバーしたCDもリリースしていたストック&エイトケン。過去の名曲だけではなく96年に大ヒットしたセリーヌ・ディオンが歌う映画「アンカーウーマン」の主題歌「Because You Loved Me」の名曲を大胆にもカバーしました。

Windmills Of Your Mind/Sally Anne Marsh

eazi7td6「風のささやき」という邦題のこのナンバー、オリジナルは映画「華麗なる賭け」のテーマソングでノエル・ハリソンが歌っています。様々なカバーも存在しますが、有名なのは99年にリメイクされた映画の主題歌を歌うスティングのバージョンでしょうか。サリー・アン・マーシュが歌っているのは96年なので、純粋にオリジナルのカバーだと思われます。

 
Sponsored Links
  
 
 
  

最新記事

  1. クリスマスの時期がやってきましたクリスマス・シーズンが到来し、街はどこもかしこもクリスマス色に染…
  2. ディスコ・ブームに湧いた70~80年代。次々とリリースされるディスコ・サウンドの中には「どうしてこん…
  3. ディスコ・サウンドには非常にオリエンタルな雰囲気の楽曲も多く存在します。アラベスクのように、明らかに…
  4. オールジャンルですクリスマスシーズンになると、結構ディスコ・イベントが開かれたりして、毎年ちょっ…
  5. サンプリングとは、他の楽曲のフレーズを引用してループさせたりすることで、新たに楽曲を作る手法のことで…
  6. 第二期dreamのアルバムはユーロカバー・オンリーdreamはavexが開催したオーディション「…
  7. シェリル・リン唯一のリミックス・オンリー盤シェリル・リンといえば、ダンスクラシックの名曲「Got…
  8. 女優兼アーティストであったアイリーン・キャラの名前は知らなくても、映画「フラッシュダンス」およびその…
  9. カラフルでキャッチーな曲が最近少ない最近、やたら明るく・楽しいポップな音楽が少なくなった気がしま…
  10. オリビア・ニュートン=ジョンは70年代には「I Honestly Love You(愛の告白…

ピックアップ記事

  1. 近年、80年代・バブルといったキーワードを頻繁に聞くようになりました。それと一緒にディスコ関連の動き…
  2. ダンス必修化平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改定があり、武道・ダンスが必修となりました…
  3. アニメ・アニソンとディスコ・クラブ最近は下火になっているようですが、アニメ・アニソンをメインと…
PAGE TOP