オリビア・ニュートン=ジョンの名曲や代表曲をダンスカバーするプロジェクト「The Olivia Project」が素晴らしい

オリビア・ニュートン=ジョンは70年代には「I Honestly Love You(愛の告白)」や「Have You Never Been Mellow(そよ風の誘惑)」などのカントリー系、80年代には「Magic」「Xanadu」「Physical」といったディスコ調のサウンドで人気を博したアーティストです。

そよ風の誘惑やザナドゥなどはBGMなどで普段でも耳にする機会が多いのではないでしょうか。コンビニに行った時もよくそよ風の誘惑のオルゴール・バージョンが流れていたりして、思わず口ずさんでしまうこともあります。

非常にカバーも多い彼女の楽曲ですが、オリビア・ニュートン=ジョンのダンスカバー専門プロジェクトがありまして、「The Olivia Project」として90年代半ばより彼女の代表曲をリメイクしたダンス・ヒットを飛ばしています。

オーストラリアのDJ・リミックスチームであるジェームス・シーバンとジェームス・アーノルドによるプロジェクトで、当時はオリビアのザナドゥをリミックスしてクラブでかけていたところ評判となり、ボーカルにポーラを加えて「The Olivia Project feat.Paula」として「ザナドゥ」をリリース。オーストラリアを中心に日本でもラジオ曲を始めクラブでもヒットしました。

特に名古屋のZIP-FMでは第2弾シングル「フィジカル」をZIP-FMバージョンとしてリミックスされ、チャートで1位となっています。東海地区では非常に人気の高かったプロジェクトですが、人気を決定づけたのが「そよ風の誘惑」のカバーでしょう。

「そよ風の誘惑」は日本のリミックスチーム「KCP」によってリミックスされ、当時人気だったダンスコンピレーションアルバム「ダンスマニア」に収録。さらにそこから大ブームを起こしたダンス音楽ゲーム「ダンス・ダンス・レボリューション」に収録され、難易度が一番低い曲ということもあって、誰もが最初にプレイする楽曲として親しまれました。

リミックス・プロジェクトなのでアーティスト性は皆無ですが、楽曲の良さとリスペクトによって人気を得た数少ないプロジェクトの一つでしょう。このまま埋もれてしまうのも、もったいない気がするのでここで紹介したいと思います。

The Olivia Projectアルバム一覧

1:Have You Never Been Mellow(KCP Remix)

「そよ風の誘惑」のカバーで、アルバムではこのリミックスがボーナストラックとして1曲目に収録されています。ダンスマニア、およびDDRでこのリミックスが採用されていることから、やはり外せないナンバーですね。日本人向けの哀愁感のあるEURODANCEに仕上がっています。

2:You’re The One That I Want

邦題は「愛のデュエット」で、78年に全米No1に輝いた大ヒットナンバー。オリビアとジョン・トラボルタのデュエット曲です。マライア・キャリーもカラオケで十八番にしているとか?

3:Hopelessly Devoted To You

邦題は「愛すれど悲し」。「愛のデュエット」同様、オリビアとジョン・トラボルタが出演する1978年のミュージカル映画「グリース」のサウンドトラックに収録されています。第51回アカデミー賞の歌曲賞にノミネートされました。

4:Suddenly

邦題は「恋の予感」で、1980年公開の映画「ザナドゥ」のサウンドトラックからクリフ・リチャードとのデュエット曲。

5:Have You Never Been Mellow

1曲目のオリジナル。

6:Make A Move On Me

「フィジカル」で大胆な路線変更をしたオリビアが翌年にリリースしたAORなナンバー。やはり、フィジカルの印象が強すぎて、ヒットしたわりにはあまり認知度が高くない感じ。

7:Twist Of Fate

邦題は「運命のいたずら」で、ジョン・トラボルタとオリビアが主演する映画「セカンド・チャンス(Two of a Kind)」のサウンドトラックからのシングルカット。全米5位の大ヒットを記録しています。

8:Heart Attack

アルバム「OLIVIA’S GREATEST HITS 2」に新曲として収録され、シングルカットされたナンバー。全米で3位を記録しています。

9:Magic

「恋の予感」同様、映画「ザナドゥ」のサウンドトラックよりシングルカットされ、全米1位のヒットとなりました。

10:Xanadu

同じく映画「ザナドゥ」より、イギリスを始めオーストリア、ドイツ、オランダなど様々な国でチャート1位を記録した大ヒットナンバー。オリビアのライヴでは「マジック」「恋の予感」「ザナドゥ」の3曲は欠かせない楽曲だそうで、彼女の代表曲ともいえます。

11:Physical

そして、大胆な路線変更でヒットとなった「フィジカル」。当時流行していたエアロビクスを意識したPVや意味ありげな歌詞など、いろいろ(良い意味でも悪い意味でも)話題になった曲です。

12:You’re The One That I Want(Funky Weaponry Mix)
13:Physical(High Cholesterol Mix)
14:Xanadu:(Definitive Mix)
15:Magic(Funky Weaponry Mix)
16:Physical(ZIP-FM Version)
 
Sponsored Links
  
 
 
  

最新記事

  1. クリスマスの時期がやってきましたクリスマス・シーズンが到来し、街はどこもかしこもクリスマス色に染…
  2. ディスコ・ブームに湧いた70~80年代。次々とリリースされるディスコ・サウンドの中には「どうしてこん…
  3. ディスコ・サウンドには非常にオリエンタルな雰囲気の楽曲も多く存在します。アラベスクのように、明らかに…
  4. オールジャンルですクリスマスシーズンになると、結構ディスコ・イベントが開かれたりして、毎年ちょっ…
  5. サンプリングとは、他の楽曲のフレーズを引用してループさせたりすることで、新たに楽曲を作る手法のことで…
  6. 第二期dreamのアルバムはユーロカバー・オンリーdreamはavexが開催したオーディション「…
  7. シェリル・リン唯一のリミックス・オンリー盤シェリル・リンといえば、ダンスクラシックの名曲「Got…
  8. 女優兼アーティストであったアイリーン・キャラの名前は知らなくても、映画「フラッシュダンス」およびその…
  9. カラフルでキャッチーな曲が最近少ない最近、やたら明るく・楽しいポップな音楽が少なくなった気がしま…
  10. オリビア・ニュートン=ジョンは70年代には「I Honestly Love You(愛の告白…

ピックアップ記事

  1. アニメ・アニソンとディスコ・クラブ最近は下火になっているようですが、アニメ・アニソンをメインと…
  2. ダンス必修化平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改定があり、武道・ダンスが必修となりました…
  3. 近年、80年代・バブルといったキーワードを頻繁に聞くようになりました。それと一緒にディスコ関連の動き…
PAGE TOP