体の免疫力を維持する10の食べ物

Tap to Start

by Chris UG Published 2021/03/14

免疫力は加齢と共に段々と衰えていきます。「若い頃に比べて風邪を引きやすくなった」「お腹の調子が悪くなりやすい」といったことは歳を取るとよく経験するのではないでしょうか。

免疫力が落ちると……

・風邪を引きやすくなる ・傷の治りが遅い ・お腹の調子がよくない ・疲れが取れない ・肌荒れがひどい ・息切れするようになった など

当てはまる点があると免疫力が低下しているかも……

免疫力をキープするには?

・毎日の食事を見直す

・習慣的な運動

・十分な睡眠

・ストレスを溜めない

・常にポジティブな気持ちを持つことが大事

しかし、普段の食生活を改善することで免疫力の減少を緩やかにすることはできます。

残念ながら免疫力を若い頃まで高めることはできません。

そこで、歳を取っても病気に負けない免疫力を維持するパワフルフードを10つご紹介します。 ぜひ、普段の食生活の中に取り入れてみてください。

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる様々な「善玉菌」が腸内で悪玉菌の繁殖を抑え、免疫力アップ。善玉菌のエサとなるオリゴ糖と一緒に摂ることで、さらに効果が高まります。

バナナ

栄養補給に優れるほか、免疫細胞を活性化させガン予防にも効果が期待されています。バナナに含まれるペクチンやオリゴ糖は整腸作用があり、ヨーグルトと組み合わせるとさらに効果が高まります。

緑茶

緑茶に含まれるカテキンはすぐれた抗菌・抗ウイルス作用があることが知られています。しかし、一度に大量に飲んでも吸収されません。濃いめの緑茶を1日数回に分けて飲みましょう。

納豆

納豆に含まれるジピコリン酸には優れた抗菌作用があり、細菌を撃退して免疫力を高めます。また、ナットウキナーゼには血栓の予防効果があることが知られています。

浅漬け

浅漬けは乳酸菌発酵食品ですが、植物性乳酸菌は生きたまま中に届き、悪玉菌の繁殖を抑えます。また、白血球の中のNK(ナチュラルキラー細胞)という免疫細胞を活性化させ、病原体やウィルスから体を守ります。

キウィフルーツ

ビタミンCが豊富で、免疫細胞(白血球)の活動をサポートし、病原菌やウィルスから体を守ってくれます。また免疫細胞を増やしたり強化したりするファイトケミカルが含まれています。

みかん

おなじくビタミンCが豊富なくだものであり、免疫細胞を活性化させ抗ウイルス作用を高めます。β-クリプトキサンチンには発がん抑制作用があり、免疫力を強化します。

アーモンド

ナッツ類の中でもビタミンEに優れ、活性酸素から体を守ります。ファイトケミカルも含まれているほか、オレイン酸が心臓病などのリスクを低下させます。

わかめ

水溶性の食物繊維が豊富で、腸内で善玉菌を増やしたり、老廃物を排出する効果があります、また、あのぬめりにはフコイダンが含まれ、免疫活性化作用があります。

にんじんジュース

にんじんの赤い色にはβ-カロテンが含まれており、粘膜を強化して細菌の親友を防ぎます。また、β-カロテンには抗酸化作用があり、活性酸素を抑え、免疫力を高めます。

忙しいと意識してもなかなか必要な栄養素を取れないですよね・・・そんなときは世界一多いと言われる栄養素を持つといわれるスーパーフード「モリンガ」で補いましょう