なす

なすとは、主に紫色のふっとい野菜である。太くないのもあるし、紫じゃない色の品種も存在する。

歴史

ナスはインドの東部で生まれたものと考えられている。*1

5世紀より前に古代ペルシャやアラビア半島に伝えられ、東南アジアへと広まっていく。ヨーロッパでは 13 ~ 15 世紀になって地中海沿岸で栽培され、アメリカに渡ると多くの品種が開発された。

日本では奈良時代にすでに栽培されていたと考えられており、平安時代の「延喜式(えんぎしき)」にもナスの作り方が載っている。

ナスはインドが原産であるため暑さに強く、日本でも高知県、熊本県、福岡県の生産数が高い。また、24年産野菜生産出荷統計では、群馬県が 3 位となっている。*2

品種

ナスには多くの品種があり、国内でも一般的な中長ナス(長卵形ナス)のほか、様々な種類が存在する。

白ナス

病気に強く栽培が容易なことから、古くから鹿児島県で栽培されてきた品種。

アクが少ないので、産後に食べるナスは白ナスでないといけないと言われていたそうだ。*3

栄養

ナスは水分が 90% 以上あり、栄養素はあまり多くない。*4

皮にはナスニンと呼ばれる強い抗酸化作用のあるアントシアニン系の色素が含まれており、活性酸素やコレステロールの吸収を抑える効果が期待される。

烏袮コウが作ったナスのレシピ

麻婆茄子っぽいもの(2022/7/2

多分麻婆茄子

作り方

  • なす(3 本 150 円)を切る
  • フライパンでひき肉(半額で 100 円くらい)を炒める
  • ミツカン「おひとてま。:小悪魔チキン」を入れる
  • 切ったなすを炒めて完成

なすとピーマンの生姜炒め(2022/7/12

なすとピーマンの生姜炒め

作り方

  • なすとピーマン(それぞれ投げ売り 1 袋 30 円)を切る
  • フライパンにごま油をひき、肉と野菜を炒める
  • 塩、醤油、オイスターソース、生姜で味付け
烏袮コウ専用Wiki
総記 Wikiトップ全項目
性物 ショタ男の娘うちの子
音楽 ユーロビート
食べ物 野菜

脚注・出典

  1. ナス 「どこからきたの?」(農林水産省ホームページ)
  2. なす生産量上位について(農林水産省ホームページ)
  3. 白なす(鹿児島県ホームページ)
  4. 野菜で探す「健康食べ合わせ」手帳/松村眞由子(主婦の友社)
ABOUT ME
烏袮コウ
新人Vtuber。90年代のダンスミュージックとアニメが好き。ゲームはPS1~2くらいのオールドスクールを好みます。DJをしていたこともあります。(※当ブログではAmazonのアソシエイト・プログラムに参加しています。Amazonのアソシエイトとして、烏袮コウは適格販売により収入を得ています)