音楽

前向きにがんばろうという気持ちになる渡辺美里の「My Revolution」

J-POPコンピレーション「J-LOVE」ディスク1の6曲目は渡辺美里のMy Revolution。ドラマ「セーラー服通り」の主題歌で、オリコン週間チャートで1位を獲得しています。映画「ハンサム★スーツ」でもテーマソングになっていました。

これも幅広い世代に愛されている曲ですね。曲自体は古いけど、優しくもどこか元気づけられるメロディー、学生さんにも共感できる歌詞・・・以外に、この曲聞きながら勉強がんばってるという学生さんも多かったです。

結構長い間知らなかったのですが、この曲って小室哲哉が作曲しているそうです。自分の中で小室哲哉というと「TK Rave Factory」つまりTRFのイメージが強すぎて、やっぱりダンス系の曲を想像しちゃうんですよね。「Going 2 Dance」とか完全なジュリアナ・テクノ時代のHYPERなイメージ。まぁ、当時はぶっ壊れた曲しか好きじゃなかった変人でしたからねぇ・・。

でも、My Revolutionは転調とかT・Kっぽさを感じさせながら、古きよきJ-POPという感じ。懐かしさが残るものの、今でも十分に聞くことができるパワーがあります。

つらいときは、この曲を聞きながらがんばろう・・・そう前向きになれる1曲。

きっと本当の悲しみなんて、自分ひとりで癒すものさ

My Revolutionをカバーしているアーティスト

渡辺美里自身最大のヒット曲ということで、この名曲をカバーしているアーティストも多いです。猿岩石やデーモン小暮閣下、小室哲哉繋がりでTRFもカバーしています。小室哲哉自身はDJTKとしてMy RevolutionのRemixをリリースしてますね。

あとは前述のハンサム★スーツでは、Missing Linkと塚地武雅(ドランクドラゴン)が「マイ★レボリューション」としてカバーしています。こちらも映画共々、いい評価だった記憶があります。

個人的にはやっぱりダンスミュージックの中にいたので、GTS feat.Melodie Sextonの「My Revolution」が印象強いですねぇ。

これまでGTSは松原みきの「真夜中のドア~Stay with me~」や八神純子の「思い出のスクリーン」など、懐かしのJ-POPをHOUSEカバーしてきましたが、この「My Revolution」も安定した評価を得ていました。

いま90年代のJ-POPがアツい!

SNSでも度々話題となる90年代のJ-POPは今なお影響力の残る楽曲が多いです。そんな元気なれるおすすめのJ-POPをウェブストーリーでご紹介しています!

ABOUT ME
烏袮コウ
新人Vtuber。90年代のダンスミュージックとアニメが好き。ゲームはPS1~2くらいのオールドスクールを好みます。DJをしていたこともあります。(※当ブログではAmazonのアソシエイト・プログラムに参加しています。Amazonのアソシエイトとして、烏袮コウは適格販売により収入を得ています)