チャンピオンカレー監修「金沢カレーチーズドッグ」を食べてみた!

金沢カレーといえば、北陸民だと「チャンカレ」こと「チャンピオンカレー」を思い浮かべるはずです。

なんといっても金沢カレーの元祖とも言われる存在ですからね!

全国的にはチェーン展開の多い「ゴーゴーカレー」というイメージがあると思いますが、やっぱりチャンカレが一番なのです。

そんな北陸民に愛されるチャンピオンカレーですが、レトルトカレーのほか「チャンピオンカレー餃子」などコラボ商品もたまに出てたりします。

マックスバリューの売り場に並んだ金沢カレーチーズドッグ

今日、マックスバリューに行くと、パンコーナーでこのチャンカレとコラボしたパンが売られていました!

金沢カレーチーズドッグのポップ

ポップには「金沢カレーの老舗チャンピオンカレーの旨味とコクを生かしました」と書かれています!

そりゃあもう、買うしかないでしょ!

買いました!

チャンピオンカレー監修の金沢カレーチーズドッグ

チャンピオンカレー監修金沢カレーチーズドッグ

こちらがチャンピオンカレーが監修した「金沢カレーチーズドッグ」です!

オサレな袋に入ったステキなパッケージなのです。

他のパンは透明なビニールに入って値札ペタリな中、これだけ全く違うオーラを発していましたよ!

チャンピオンカレー監修のラベル

おなじみのチャンピオンカレーのロゴとイメージカラーだけで味が想像できます!

自然とよだれがお口に溜まりますね!

金沢カレーチーズドッグの裏面

こちらが金沢カレーチーズドッグの裏面です!

おひとつ約 278 円と少々お高め。

普段は半額のパンしか買わないぼくにとっては超高級品です!

金沢カレーチーズドッグの原材料など

材料にカレーソースのほか、ポテトサラダが入っているのが気になります!

どうりでお高いわけですね!

なお、栄養成分表示は下記の通り。

エネルギー 490 kcal
たんぱく質 11.8 g
脂質 26.8 g
炭水化物 50.1 g
食塩相当量 3.2 g

なお、アレルギー物質として「小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんご」が含まれています。

取り出した金沢カレーチーズドッグ

ということで、袋から取り出してみました。

袋を開けるとカレーのスパイスのいい香りが!

カレー! カレー!

金沢カレーチーズドッグを横から見たところ

横から眺めてみました!

太いウインナーソーセージにとろけたクリーミーなチーズと滴り落ちるカレーのソース・・・こんなの絶対おいしいに決まってるじゃないですか!

すでに優勝確定です!

金沢カレーチーズドッグを食べてみた

それでは、いただきます!

ちなみに、食べる前に 40 秒ほどレンジでチンして温めました!

フランスパンはそんなに固くなく、もっちりとしたパンとソーセージの歯ごたえがいいですね。

そして、カレーのソース!

あ、たしかにチャンカレな味がしますね!

そして、上に乗った濃厚なチーズとポテトサラダがクリーミーで、チーズカレーを食べている気分になります!

そして、ポテトサラダに入っているたまねぎがシャキシャキしていて、これまでにない新食感がありました!

カレーにポテトサラダ入れるのもアリアリ未来ですね!

大発見です!

今度、普通のカレーで試してみたいと思います!

少々お高いですが、満足度の高い金沢カレーチーズドッグでした!

ABOUT ME
烏袮コウ
新人Vtuber。90年代のダンスミュージックとアニメが好き。ゲームはPS1~2くらいのオールドスクールを好みます。DJをしていたこともあります。(※当ブログではAmazonのアソシエイト・プログラムに参加しています。Amazonのアソシエイトとして、烏袮コウは適格販売により収入を得ています)