ラーメンの麺にうどんのつゆをかけて食べるという文化

富山県には高岡市の「ちゃんぽん」のように、微妙な麺類が存在しています。他にも射水市役所新湊庁舎食堂にうどんのつゆにラーメンの麺を入れた「かけ中」というものがあって、これは麺はラーメンなのに、つゆがうどんなのでさっぱりとしているのが特徴なんですよ。

かけ中を販売しているエスケーシーデリのホームページでは「お客様のお声かヒントをいただき開発した」とあるが、どこかで「二日酔いの人がリクエストした」と聞いたことがあります。

そんな二日酔いのときに食べるのがいい感じな、すばらしいバランスの一品。だが、30年前からあり、柴田理恵認定ゆるゆる世界遺産でも認定されているのに、このかけ中を知っているという人は少ないのですね。微妙に知る人ぞ知るB級グルメなのです。

ラーメンの麺+うどんつゆ

しかし、似たような食べ方をする地域は他にもあります。

新潟県上越市では「かけ中か」として存在している。上越タウンジャーナルでは、

中にはこんなの中華じゃない、と怒る人もいる。和風スープなのであえて”中華”とはしなかった

とのこと。文化放送のラジオ番組「純喫茶・谷村新司」でも紹介されたそうです。同じような食べ方ですが、富山のかけ中とは関係ないようです。

参考上越タウンジャーナル「<冬企画3>上越と富山にしかない『和風中華』!?」より

鳥取では「素ラーメン」

鳥取にもラーメンの麺をうどんつゆで食べるものがあり、こちらでは「鳥取素ラーメン」と呼ばれています。「素ラーメン」だと何も入っていないラーメンと思われることがあるため、今は「鳥取素ラーメン」と呼んでいるっぽい。

デイリーポータルZの記事「ラーメンをうどんに入れるとおいしい」では、この素ラーメンがいくつか紹介されています。中には「冷やし素ラーメン」もあるとのこと。

きなんせ鳥取素らーめんの会のサイトでは、この鳥取素ラーメンを下記のように定義しているようです。

「素ラーメン」の定義

  • スープはうどんダシ
  • 具はもやしとネギとかまぼこ
  • 天かすがトッピングできる
  • 好みでコショウを振る

呼び方は違えど、富山の「かけ中」や新潟の「かけ中か」と同じものでしょう。一度、食べたことはあるが、自分で作りたくなったので、やってみることにしました。今回は「鳥取素ラーメン」の定義を再現してみることに。

参考鳥取のご当地ラーメン「鳥取素らーめん」より

自分で作ってみる

ということで、ラーメンの麺とうどんつゆの一杯を作ってみました。

鳥取素ラーメンを自分で再現してみる

スープはうどんつゆ、麺はラーメンの中太麺、もやしとネギとかまぼこ、そして天かすという黄金の組み合わせ。かまぼこが富山特有の渦巻形なのは仕方がないですね!

食にこだわりがある方にも食べていただいたが、比較的いい反応をいただきました。スープが濃くなく、さっぱりとしていて重くない。スープは薄めだが、かまぼこの塩気が効いていてちょうどよく、シャキシャキのもやしともよい相性。天かすの脂っぽさがあって思ったより腹にたまる・・・非常にバランスのとれた一杯であると確信なのです。

しいていえば、魚介系のダシを効かせればよいのではということで、今度は煮干ダシでスープを作ってみたいと思います。

ABOUT ME
烏袮コウ
新人Vtuber。90年代のダンスミュージックとアニメが好き。ゲームはPS1~2くらいのオールドスクールを好みます。DJをしていたこともあります。(※当ブログではAmazonのアソシエイト・プログラムに参加しています。Amazonのアソシエイトとして、烏袮コウは適格販売により収入を得ています)