読書・勉強

時間をかけてきれいにノートをとるのは逆効果!? ノートは板書を写すのが目的ではない

更新日:

なぜ、ノートを取るのか

みなさんは授業でノートを取るとき、どのような感じで書いているでしょうか。

これは非常に個性が出てくるので、一概にどれがいいか悪いかといったものはありません。しかし、後で見返した時、ごちゃごちゃしてたりして読みづらいなど問題があると、せっかくノートを取った意味がなくなります。

なぜ、ノートを取るのか・・・もちろん、あとでしっかりと復習できるようにするため。ノートの取り方ひとつで、学習効率が大きく変わってきます。面倒くさがらず、しっかりとした「ノートの取り方」が重要な勉強法のひとつなのです。

写すのが勉強ではない

生徒の中には、黒板に書かれたものを全部キレイに取っている子もいますが、それが目的となってはいけません。

近年では東大合格生のノートはキレイだとかいう本が売れた影響で、ノートはキレイに取らないとという美麗ノート偏重主義があったりします。現場でもこの本は眉唾ものという評価だったんですが・・・勉強とは黒板の内容をキレイに写す「作業」ではないのです。

自分の周りで、すごく勉強できる子は、意外とノートに書かれた字が汚かったりします。板書は勉強の要点をわかりやすく説明するためのものであって、それをノートへ写すのに無駄な労力を使うと、かえって学習効率が落ちます。

また、学習において先生の説明は非常に重要です。ノートに気を取られて、大事な説明を聞き逃してしまっては意味がありません。

ノートに集中していて、ふと先生の「ここテストに出るよ」という声が聞こえたけど、肝心な「ここ」がどこだかわからない・・・それでは困りますね。

板書の内容は教科書と同じ部分も多いです。比べてみて、かぶる部分はカットするなど、ノートの取り方を工夫しましょう(カットする場合は『教科書○○ページ参照』など、どこを見ればよいか記入します)。

友達のノートと比べてみる

時間があったら、友達のノートと自分のノートを比べてみましょう。

「あ、ここ教科書と同じところだ」と思ったら、だいたいその部分は役に立ちません。そうやって、板書の本当に重要な部分を見極める力を高めていくと、非常に効率のいいノート術を手に入れることができます。

また、逆に「ここは知らなかった!」など、テンプレートと違う部分を発見できたら、そこをメモしておきます。自分が気付かなかった点を発見できると、さらに深く知識を高められるのです。

ノートの貸し借りは、自分が見逃した部分の再発見にもなって効果的です。

ノートを写すだけでは、何の勉強にもなりません。先生の話にも注意を払い、効率的にノートを取りましょう。これが一歩差がつく勉強法です。

-読書・勉強

Copyright© Erias.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.