音楽

オリジナルもREMIXも一緒に楽しめるディスコCDを2つ紹介「DANCE PANIC! presents DANCE CLASSICS REMIXES」&「FURA COLLECTION」

REMIXとは楽曲を別の素材や加工を加えることで原曲とは違った曲にアレンジすることですが、かなり好き嫌いが分かれるものだと思います。特にリスニングオンリーの人に顕著ですが、もともとREMIXはDJが使いやすいように作られたものなので、聴くのと実際に踊るのとではやっぱり違います。

フロアでは人気ある曲は長く踊りたい! という人が多いですし、そのために尺を長くしたりして楽しめるようにしたのがREMIXです。当時は同じレコード3枚使いで同じ曲を10分くらいかけ続けるDJなんかもいて、それはそれで面白かったですが。

また、昔の曲は生演奏が多かったので、途中でBPMが変わってきます。DJ的にはすごく使いづらいんですよね。最近では原曲の雰囲気を損なわず、BPMを一定にしたりイントロ部分を長くするなどの調整にとどめた「Re-EDIT(リエディット)」ものが多く出回っており、ひとつの文化を形成してきています。

現代風にアレンジされたビートに違和感を感じる方もいるかもしれませんが、それなら原曲も一緒ならいいんじゃない? ということで、REMIXとオリジナルがセットになったCDというのも存在します。今回はそんなコンピレーションをご紹介します。

今風の音とかつてのディスコヒットの音を聴き比べてみるのも楽しいですし、単純にディスコ・コンピとしても楽しめるお得なCDです。

90年代後半から流行り始めた新たなディスコサウンド

90年代後半には70~80年代のディスコヒットをサンプリングし、全く別の曲として作り変えた「ディスコ・リコンストラクション(あるいはネオ・ディスコとも)」ものが流行します。

90年代中期にはDuran Duranの「SAVE A PRAYER」をサンプリングしたShut Up And Danceの「SAVE IT TILL THE MORNING AFTER」やChicagoの「STREET PLAYER」をサンプリグしたKenny ‘Dope’ presents The Bucketheadsの「THE BOMB!」など、アンダーグラウンドではディスコもののダンストラックが注目を集めていましたが、ポップシーンで人気を決定づけたのが映画「サタデー・ナイト・フィーバー」で使われたBee Geesのヒット曲をサンプリングしたN-Tranceの「STAYN’ ALIVE」です。

「STAYN’ ALIVE」はU.K.のみならず、世界的に大ヒットし、続々とフォロワーが誕生。かつてのディスコヒットをネタにした様々な楽曲が制作され、ひとつのジャンルを形成しました。

日本でも当然人気を博し、特にユーロダンスコンピレーション「ダンスマニア」では「Celebration/Kool & The Gang」ネタの「Let’s Get Down/JT Playaz」や、「Relight My Fire/Dan Hartman」ネタの「My Fire/X-Treme」などが大ヒット。

ディスコやダンスミュージックさえ知らない層にも人気となります。

日本独自企画のディスコREMIXも登場し、その中からおすすめな2枚のCDを今回はご紹介します。

DANCE PANIC! presents DANCE CLASSICS REMIXES 2000

CD2枚組。DISC:1は2000年代のクラブ対応REMIX。DISC:2にオリジナルバージョンが収録されています。

1:LET’S GO ROUND AGAIN/AVERAGE WHITE BAND

アヴェレージ・ホワイト・バンドはイギリス出身の白人によるR&B/ファンク・グループ。1980年にリリースされ、AORアルバムとしても評価が高い「シャイン」に収録。ディスコといえば、この曲も外せない1曲でしょう。元エターナルのシンガーであるルイーズのカバーもヒットしました。

収録CD(Amazon):SHINE/AVERAGE WHITE BAND

2:CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU/BOYS TOWN GANG

オリジナルは67年にリリースされたフォー・シーズンズですが、ディスコサウンドとしてやはり有名なのはボーイズ タウン ギャングによるカバーでしょう。「君の瞳に恋してる」の邦題でもおなじみで、世界中でカバーされ続ける名曲中の名曲。日本人にも多くカバーされる洋楽の一つであり、山下達郎・桜田淳子・小比類巻かほる・椎名林檎・ZARD など、そうそうたるメンバーがカバーしています。

収録CD(Amazon):PLATINUM BEST/BOYS TOWN GANG

3:YOU MAKE ME FEEL(MIGHTY REAL)/SYLVESTER

性別を感じさせないファルセット・ヴォイスが特徴のドラァグクイーン、シルヴェスターの大ヒット曲。1978年にレーベルを移籍して発表されたアルバム「StepⅡ」からのカットで、全米ダンスチャート1位を記録。シカゴハウスの伝説的ユニット「Ten City」のボーカル「Byron Stingily」によるカバーもヒットしました。

収録CD(Amazon):MIGHTY REAL:GREATEST DANCE HITS/SYLVESTER

4:CAN’T GIVE YOU ANYTHING(BUT MY LOVE)/THE STYLISTICS

日本では「愛がすべて」という邦題でおなじみの名曲は、黒人ソウル・グループのスタイリスティックスが1975年に放ったヒットナンバー。2006年にマンダムのCMで起用されたことで再び注目を集めるなど、ディスコのみならずお茶の間でも人気となる楽曲でした。

収録CD(Amazon):THE STYLISTICS/THE STYLISTICS

5:SHOW ME/THE COVER GIRLS

THE COVER GIRLSが1987年に発表したデビューシングルで、インディーズレーベルであるFever Recordsからリリースされました。日本においては森川由加里のセカンドシングルでカバーされ、テレビドラマ「男女7人秋物語」の主題歌としても有名です。

収録CD(Amazon):GREATEST HITS/THE COVER GIRLS

6:PICK UP THE PIECES/AVERAGE WHITE BAND

1曲目として収録されている「LET’S GO ROUND AGAIN」同様、アヴェレージ・ホワイト・バンドのヒット曲。本国イギリスではあまり話題になりませんでしたが、アメリカでは大ヒット。サックスプレーヤーのケニー・Gがアルバム「At Last… The Duets Album(邦題:デュエット)」でデヴィッド・サンボーンと共演していますね。こちらもアツいです。

収録CD(Amazon):AVERAGE WHITE BAND/AVERAGE WHITE BAND

7:THE HUSTLE/VAN McCOY & THE SPUL CITY SYMPHONY

ヴァン・マッコイの代表曲ともいえるナンバーで、1975年発表以降全米1位ををはじめ各国で大ヒット。1975年に発表されて以降夏の間、ビルボードなどのチャート首位を独占しました。累計売上1000万枚以上、1976年のグラミー賞「Best Pop Instrumental Performance」を受賞しています。

収録CD(Amazon):PLATINUM BEST/VAN McCOY & THE SPUL CITY SYMPHONY

8:REMEMBER ME~AIN’T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH/BOYS TOWN GANG

BOYS TOWN GANGが81年にリリースした曲で、シュープリームスの歌姫ダイアナ・ロスのカバーをメドレーにしたもの。「AIN’T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH」はマーヴィン・ゲイ&タミー・テレルがオリジナルですが、このボーイズ・タウン・ギャングをはじめ、様々なアーティストによってカバーされています。

収録CD(Amazon):PLATINUM BEST/BOYS TOWN GANG

9:VENUS/SHOCKING BLUE

86年にカバーされたバナナラマのヴィーナスが大ヒットし、こちらがあまりにも有名ですが・・・オリジナルはオランダのロックグループであるショッキング・ブルーです。日本でも様々なアーティストがカバーしています。

収録CD(Amazon):PLATINUM BEST/SHOCKING BLUE

10:THE BEACH/AFREKA & THE ZULU KINGS

問答無用のキラーチューンですね。エリック・クラプトンの「いとしのレイラ」をサンプリングした極上のHIP-HOPチューン。DJ HONDAやTRFのDJ KOOも在籍していた伝説的チーム「JG’S」によるREMIXも存在します。

収録CD(Amazon):70′s & 80′s DANCE – YELLOW/V.A.

11:HELLO MR.MONKEY/ARABESQUE

当時、ボニーMなど人気アーティストを多数排出していた西ドイツから、やはりボニーMに触発されて誕生したユニット。デビューシングルであるこのナンバーが大ヒットしました。日本でも竹の子族中心に広まりを見せ、ディスコでも人気でした。

収録CD(Amazon):40th ANNIVERSARY BEST/ARABESQUE

FURA COLLECTION

こちらは往年のファンク中心に70~80年代のディスコヒットを集めたDISC:1と、ディスコの名曲をサンプリングし、90年代のダンスチューンにアレンジした「ディスコリコンストラクション」のDISC:2の2枚組。

DISC:1

  1. MIRACLES/JACKSON SISTERS
  2. IT MUST BE LOVE/ALTON McCLAIN & DESTINY
  3. FUNTIME/PEACHES & HERB
  4. THAT’S THE WAY(I LIKE IT)/KC & THE SUNSHINE BAND
  5. SEX MACHINE/JAMES BROWN
  6. AIN’T WE FUNKIN’ NOW/THE BROTHERS JOHNSON
  7. BURN RUBBER(WHY YOU WANNA HURT ME)/THE GAP BAND
  8. TOO TIGHT/CON FUNK SHUN
  9. THE BREAKS/KURTIS BLOW
  10. JUNGLE BOOGIE/KOOL & THE GANG
  11. I WILL SURVIVE/GLORIA GAYNOR
  12. CAN’T LIVE WITHOUT YOUR LOVE/TAMIKO JONES
  13. I LOVE THE NIGHTLIFE/ALICIA BRIDGES
  14. DANCING QUEEN/ABBA
  15. I’M STILL WAITING/COURTNEY PINE feat.CAROL THOMPSON

DISC:2

  1. ザ・ナイトアウェイ~アイ・ビリーヴ・イン・ミラクル(RADIO EDIT)/HIROSHI MATSUI feat.SUZI KIM & GUTTI
  2. マスト・ビーラヴ/DJ SOMA feat.THOMAS KING,PLALITINUM KELLY,DAWN MOORE
  3. ジャングル・ブギー~Jungle Zna(VST MIX)/MOTSU from move
  4. ザッツ・ザ・ウェイ!!/FIRE feat.TERRY T.
  5. ハード・ワーキング/THE FLOWER CHILDREN
  6. アイム・アライヴ(7″ EAT ME EDIT)/STRETCH N’ VERN presents “MADDOG”
  7. アラウンド・ザ・ナイトクラブ/DJ TURBO from GTS
  8. ザ・ナイトアウェイ~アイ・ビリーヴ・イン・ミラクル/HIROSHI MATSUI feat.SUZI KIM & GUTTI
  9. アイム・スティル・ウェイティング(oldskoolvibe remix)/COURTNEY PINE remixed by TAKU TAKAHASHI
  10. サンバ・デ・ジャネイロ/CARRILIO
ABOUT ME
にゃんこ大魔神
90年代のダンスミュージックとアニソンとオンラインゲームが大好物な人。以前はアイドルやアニソンのDJをしていたこともあります。