ロックスタイルのユーロビートがアツいデイヴ・ロジャースのアルバム「Take Me Higher」

  1. 音楽
  2. 3 view

デイヴ・ロジャースといえば、80年代から「アレフ」などのユニットで活躍し、90年代に入ってからはユーロビートレーベル「A-Beat C」を設立。自身が在籍した「TIME」レーベルと双璧をなすレーベルへと成長し、次々にヒット曲をプロデュースしてきました。

プロデュース業以外にも、自身が歌うユーロビートも人気を獲得。マイケル・ジャクソンのギターも務めたジェニファー・バッテンを迎えた「Sun City」を始め、V6のセルフカバー「Music For The People」「Take Me Higher」など多数のヒットを持ちます。

しかし、人気・知名度とも一番高いのは、やはりアニメ「頭文字D」で使われた「Space Boy」「Deja Vu」ではないでしょうか。

もとより、走り屋の間では元祖走り屋ユーロ「Wings Of Fire/Jee Bee(J-EURO版はRie Taguchi)」を始めユーロビートは一定の人気がありました。実際、Wings Of Fireは頭文字Dの劇中歌として採用されています。

原作の漫画も人気でしたが、アニメもヒットしたことにより、ユーロビートの知名度が上昇。当時、第三次ユーロビートブームもあったことにより、さらに人気は加速します。

こうした背景もあって、デイヴの楽曲で頭文字Dを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

近年では新たに「SUN FIRE RECORDS」を設立し、自身のYouTubeチャンネルも開設。「Space Rockets」などの新曲、「Running In The 90’s」などのカバー楽曲を公開しています。

そして、かの名曲「Deja Vu」も2019年版でセルフカバーしました。楽曲配信も始まってますのでチェックしたいところ。

avexのYouTube公式チャンネルでも旧「Deja Vu」のPVが公開されるなど、徐々にデイヴ・ロジャース熱が過熱してきています。

今回は、そんな彼がリリースしたオリジナルアルバム「Take Me Higher」をご紹介します。

デイヴのアルバム「Take Me Higher」

1997年にリリースされたデイヴ・ロジャース初のアルバムです。

これまでTMNのカバーソングである「TMN Song Meets Disco Style」「Get Wild Meets Techno Style」はリリースしていましたが、意外にもオリジナルのアルバムをリリースするまで結構時間がかかっています。

当時はまだ「Deja Vu」などの頭文字D系ユーロはありません。V6に提供した楽曲が話題になったため、これらのセルフカバーが中心となっています。

収録楽曲

「Take Me Higher」はV6の4枚目のシングル楽曲のセルフカバー。ウルトラマンティガのオープニングとしておなじみで、ディスコ・クラブはもちろんのこと、現在ではアニソンなどのオタク系クラブイベントでも人気。

「Music For The People」もセルフカバーで、V6のファーストシングルとして大ヒットしました。

「Smoke On The Water」は言わずと知れたディープ・パープルの超有名曲。あのロックをユーロビートスタイルでカバーしています。パラパラもついていて、通好みな1曲。「Woman From Tokyo」もやはりディープ・パープルのカバー。

「Soul Gasoline」はかつて活動していた「The Big Brother」のヒット曲のカバー。そして「I’ll Be Your Hero」「Sun City」「Milan Milan Milan」とオリジナル曲が続きます。

ジェニファー・バッテンをスペシャルゲストに迎えた「Sun City」はロックファンも注目したりと、かなり衝撃的なナンバーでした。

イタリアということで「Milan Milan Milan」はもちろんサッカー関連の曲ですね。後に「Ale Japan」などサッカー関連の曲も多くなっていきます。

V6のセカンドシングル「Maid In japan」もセルフカバー。そしてメガ・エナジー・マンの大ヒット曲「Seventies」のカバーは強烈。「The Best Of ’90s Super Eurobeat ~DJ Special Hits Collection~」ではメガ・エナジー・マンとのデュエット風のRemixがされていて印象的でした。

オリジナルのヒットナンバー「Boom Boom Japan」、そしてスローな「Let It Be」で締めくくりとなります。

「Kingdom Of Rock」や「100」など、まだまだデイヴのヒットはありますが、それ以前にリリースされたアルバムなので仕方がないところ。これらの曲は配信で入手することができます。

まとめ

まだ頭文字Dとのタイアップはしていない頃のアルバムですが、ディープ・パープルのカバーなどもあってユーロビートとロックの融合したアツい曲が多いです。

「Spece Boy」など頭文字Dでユーロビートを知ったという人でも、こういったロックスタイルのユーロは聞きやすいと思います。ドライブなどに行くときに1枚あると気持ちよく走れるのではないでしょうか。

「Take Me Higher」は現在でも人気の曲ですが、デイヴのユーロビート・バージョンも激アツなのでぜひ聞いてみてください。

90年代のダンスミュージックとアニソンとオンラインゲームが大好物な人。以前はアイドルやアニソンのDJをしていたこともあります。

記事一覧

関連記事

「Can’t Take My Eyes Off …

ボーイズ・タウン・ギャングは1981年にシュープリームスの歌姫「ダイアナ・ロス」のカバー「REMEMBER ME~AIN’T NO MOUNTAIN HIGH ENOUG…

  • 37 view

「PICK UP THE PIECES」「LET’S GO …

アヴェレージ・ホワイト・バンドはイギリス出身のファンク・ソウルを中心としたバンドで、1971年に結成されています。白人によるフアンク・ソウル・バンドということで、その音楽…

  • 23 view