MAXもカバーした大ヒット曲「サタデーナイト/ウィッグフィールド」

  1. 音楽
  2. 7 view

1993年にリリースされたシングル「Saturday Night」が世界中で大ヒットしたWhigfield。95年には日本にも飛び火し、シングル及びアルバムがリリースされました。

ディスコを中心にラジオでもパワープレイされていたので「ディディラララ~♪」で始まる軽快なダンスナンバーとして、この「サタデーナイト」を記憶している人も多いかと思います。

ウィッグフィールドは本名「Sannie Charlotte Carlson」で、イタリアのプロデューサー「Larry Pignagnoli」と「Davide Riva」によって「サタデーナイト」でデビュー。

本国イタリアを始め、デンマーク・スペイン・スウェーデン・U.K.でチャート1位を獲得。特にドイツとU.K.ではプラチナシングルに輝くメガヒットとなりました。

続く「Another Day」はU.K.でシルバーシングル、「Think of You」はチャートでは7位でしたがクラブで「Dancing Divaz Remix」が大ヒットしています。

その後もシングルヒットを放ち、ユーロダンスで最も成功したアーティストの中の1人となりました。

日本でもディスコ中心にヒットし、ウィッギーダンスと呼ばれた独特の振り付けも流行。特に巨大ディスコ「ヴェルファーレ」では、

UKポップチャートでNo.1を記録したほか、ヨーロッパ全土でも大ヒットしたキャッチーなポップ・ハウス。キュートで爽やかなヴォーカル・フレーズが心地よいこのナンバー、なんとイタリア直輸入の振り付けがついており、ヴェルファーレ・ダンサーズによるプロモーション・ビデオがダンス・フロアの36面大型モニターで随時オン・エアーされている。

VELFARRE vol.1」より引用

ということで、初期のヴェルファーレではパワープレイされていました。

日本版のシングルCDにも振り付けが収録されており、当時踊ったという人も多いかと思います。

そんなヒットナンバーですが、実はMAXがデビューシングルにおいて「恋するヴェルファーレダンス」というタイトルでカバーしています。

意外にも作詞家にあの秋元康氏で、意外性のある・・・まぁ、どことなくお笑いに走ったような楽しい歌詞でした。オリジナルにはないラップパートが追加されたり、アレンジが「Pumpin’」などのテクノ系ヒットで知られるRaveman(t-kimura)が務めたりと、原曲よりぶっ飛んだナンバーでした。

最近では「Sannie」名義で活動しており、「How Long」「In The Morning」といったディープハウスをリリースしています。2018年にはデンマークのユーロヴィジョンコンテストに出場し、ファイナルで「Boys on Girls」が4位となっています。

日本ではファーストアルバムのリリースのみとなっていますが、4枚のアルバムと1枚の配信デジタルオーディオをリリース。現在でもライブも行われるなど、まだまだ人気アーティストです。

90年代のダンスミュージックとアニソンとオンラインゲームが大好物な人。以前はアイドルやアニソンのDJをしていたこともあります。

記事一覧

関連記事

今こそ「Moment Remixes/Vivian Or K…

「moment」は機動戦士ガンダムSEEDの第二期オープニングテーマとして起用された楽曲で、ビビアン・スーとSIAM SHADEの遠藤一馬によるユニット「Vivian O…

  • 3 view