DA PUMPがカバーした「USA/JOE YELLOW」も収録された伝説のディスコ番組をCD化した「USEN440 presents HYPER DISCO MIX」

  1. 音楽
  2. 13 view

かつて有線放送で放送されていたディスコ番組「USEN440 presents HYPER DISCO MIX」。ジュリアナ東京やマハラジャなど、次々とディスコがクローズしていく冬の時代に、このディスコ専門番組がスタートしました。

DJは元横浜マハラジャのY & Co.こと横田商会が担当しており、「こんな時代だからこそ、あえてディスコにこだわった、いい意味でのミーハーな番組を作っていきたい」というコンセプトを元にミーハーな選曲で人気でした。現在は「ハイパーディスコミックス」として放送中。

この番組を再現したCDが「USEN440 presents HYPER DISCO MIX」で、ミーハー度200%の直球ディスコサウンドとなっています。ディスコとはいえ、当時(1999年!)のディスコの再現なので、その頃ディスコでは第3次ユーロビートブーム真っ盛り。CDもユーロビート中心にテクノ・トランス・ユーロダンスといった選曲になってます。

久しぶりにこのCDを聞いていたら「USA/JOE YELLOW」が収録されているのを思い出しました。DA PUMPがカバーしたあのダサかっこいいヤツですね!

当時のディスコでは人気だったのですが、レーベルが「A-Beat C」や「TIME Records」ではなくて「Eurobeat Records」というマイナーなとこだったこともあって、この「USA」はあまりコンピレーションには収録されていません。

まさに現場ヒットということなのですが・・・なかなかおもしろいので、このCDを紹介してみたいと思います。

ミーハー度高し!USEN440 presents HYPER DISCO MIX

横田商会らしい番組のジングルや各種に散りばめられたサンプリング、選曲、MIX・・・改めて聞いてみると、どれもすばらしいとため息が出ます。知ってる曲ばっかりなので、自然と体が動いちゃいますね。

オールジャンル、洋楽・邦楽問わずヒット曲のみ収録の完全ミーハー仕様で、これぞディスコというCDとなっています。番組のコンセプトが「いいモノはいい!」ということなのですが、本当にいい曲ばっかりです。

ディスコ以外の場所でも聞き覚えのあるという曲も多く、すごく聞きやすいCDです。落ち込んでるときとか、気分を上げたいというときに是非聞いてみましょう。

HYPER DISCO MIX収録曲

1:SEVENTIES/MEGA NRG MAN

大ヒットしたMega NRG Manの代表的なナンバーから始まる「HYPER DISCO MIX」。Mega NRG Manのパワフルなボーカルが炸裂するこれぞユーロビートという1曲です。MAXがカバーしたバージョンも大ヒットしましたが、King & QueenやDave Rodgersもこの曲をカバーしているのはご存知でしょうか?

収録CD(Amazon)Seventies/Mega NRG Man

2:LOVE IS DANGER/LINDA ROSS

TIMEレコードより93年にリリースされた懐かしいナンバー。ポップでどこか懐かしさのある、未だ根強い人気を誇っている通好みな曲です。SEB163には「LOVE IS DANGER 2005」が収録されていますが、かなり大掛かりなアレンジが加えられており好き嫌いが分かれそう。

収録CD(Amazon)Super Eurobeat vol.35/V.A.

3:MEGATON MAN/MEGA NRG MAN

1曲目に続きMega NRG Manのナンバーで、この曲がデビュー曲です。非常にコミカルな曲で、長らく定番曲となっていました。振り付けもおもしろく、この曲がプレイされるとフロアに「メガトンマーン!」の叫び声(?)が響き渡りました。

収録CD(Amazon)Seventies/Mega NRG Man

4:CAN’T STOP THE MUSIC/EUROTEAM feat.ANNERY GORDON

ダンス・クラシックのユーロビートカバー企画「’70s Dance Meets ’90s Beat」から生まれた名曲。振り付けの最後の部分が面白いパラパラが印象的でした。オリジナルはビレッジ・ピープルでPVのセクシーな腰つきのダンスは必見。

収録CD(Amazon)Super Eurobeat Presents ’70s Dance Meets ’90s Beat/V.A.

5:U.S.A./JOE YELLOW

DA PUMPのカバーが最近話題となっているUSA。アメリカの海軍も踊ったことでも話題になりました。こっちがオリジナルバージョン。空耳の「そば~」のところでそばを食べる振り付けがおもしろかったです。

収録CD(Amazon)Greatest Hits & Remixes/Joe Yellow

6:DARK IN THE NIGHT/MAIO & CO

TIMEレーベルからの大ヒットナンバー。プロデューサーであるジャコモ・マイオリーニ自身のユニットで、数あるユーロビートのヒット曲の中でも外すことのできない1曲でしょう。アレンジバージョンとして「DARK IN THE NIGHT 2004」がSEB vol.152に収録されています。

収録CD(Amazon)Super Eurobeat vol.7/V.A.

7:KING AND QUEEN/KING & QUEEN

青山にあった伝説的ディスコ「King And Queen」のテーマ曲的なナンバー。ユーロビート・クラシックとして、こちらも外すことのできない定番曲でしょう。dreamもセカンドアルバムの収録曲としてカバーしています。

収録CD(Amazon)Season/King & Queen

8:FANTASY/VIRGINELLE

A Beat-Cレーベルの看板アーティストであるヴァージネリーの特大ヒット曲。涙を誘う哀愁ユーロで踊ってよし、聞いてよし、歌ってよし(?)。はい、実はJ-EUROカバーも存在します

収録CD(Amazon)Super Eurobeat Vol.10/V.A.

9:HOLY NIGHT/MICHELL

曲名のとおり、クリスマスに聞きたい哀愁ユーロの隠れた名曲。やはり、前曲「Fantasy」とセットで聞いてしんみりしたいですね、無限リピートしたくなる優しい哀愁サウンドで、実は日本制作のナンバー。

収録CD(Amazon)Super Eurobeat Vol.17/V.A.

10:survival dAnce/trf

もはや説明不要。小室哲哉がプロデュースするダンスユニット「trf」が放った大ヒット曲。ドラマの主題歌にも使われており、フロアのみならずポップチャートでも人気でした。テクパラも付いており、長らくフロアでも踊られ続けた名曲です。

収録CD(Amazon)TRF 20TH Anniversary COMPLETE SINGLE BEST/TRF

11:BABY DON’T CH’A LEAVE ME THIS WAY/ROYAL T

「Anasthasia/T99」「NIGHT IN MOTION/CUBIC 22」等と並ぶテクノのレジェンド「JAMES BROWN IS DEAD/L.A.Style」ネタをぶっこんだ問題作。個人的には「Access/DJ Misjah & DJ Tim」をネタにした「Illusive Mix」が狂っていて好きです。

収録CD(Amazon)Baby Don’t Cha Leave Me This Way/Royal T

12:NIGHT IN MOTION(RAP REMIX)/CUBIC 22

「JAMES BROWN IS DEAD/L.A.Style」や「Anasthasia/T99」と並んでジュリアナ・テクノとして外すことのできない発狂テクノ。こちらは「RAP REMIX」が収録されています。2000年にはリミックスチームの「P.K.G.」による「K-Groove Remix」がリリースされ話題になりました。

収録CD(Amazon)Super Club Groovin’ House Revolution Vol.15/V.A.

13:BELIEVE/TECHNO CITY

94年にリリースされ、2000年代前半のミッション時代まで、時代を超えて人気のハイパー・テクノのヒットナンバー。突き抜けるようなサビのボーカルが気持ちいい、聞いてよし、踊ってよしの名曲。

収録CD(Amazon)House Revolution Vol.36/V.A.

14:THE MUSIC IS MOVIN’/FAGETTA

こちらもジュリテクの名曲。やはり、現在でもテクノイベントでマストな1枚となっています。トランスがブームの頃にDJ Ken-Bowを中心としたグループ「Delaction」によるトランス・リメイクがリリースされ、テクノを知らない層にも踊られました。

収録CD(Amazon)That’s Club Trax 1993/V.A.

15:TURN IT UP AND DOWN/CAPPELLA

メンバーチェンジを行い、新生CAPPELLAとして「Tell Me The Way」「I Need Your Love」に続きリリースされた第3弾シングル。「B4 ZA BEAT & T.Y.M.P-Team」によるよりハイパーテクノな日本限定リミックスも存在します。

収録CD(Amazon)House Revolution Vol.49/V.A.

16:SANTA MARIA/TATJANA

元PWLのプロデューサー「ストック&エイトケン」プロデュースによる大ヒット・ユーロダンス。やはりフロアでは「Y & Co.REMIX」が外せません。一発屋のイメージが強いですが、実は80年代から活動しているベテランアーティストだったりします。

収録CD(Amazon)House Revolution presents International Groove/V.A.

17:I WILL FLY/CAT

ユーロビートのみならずハイパーテクノでもヒットを連発するデルタレーベルのプロデューサー陣が制作したポップなユーロダンス。振り付けもあり、名古屋中心に人気だった1曲です。

収録CD(Amazon)Super Dance Freak Vol. 82/V.A.

18:BOOM BOOM BOOM BOOM/VENGABOYS

元々は香港や台湾などアジア地域で人気の高かったVENGABOYS。日本戦略ナンバー「WE LIKE TO PARTY!」で話題となり、それに続くシングルでこちらもヒットしました。ダンスマニアの元プロデューサーが立ち上げた「ウルトラダンス」のメインアーティストとして欠かせないグループでした。

収録CD(Amazon)Best of Vengaboys/Vengaboys

19:OUT OF THE BLUE/SYSTEM F.

この曲があったからこそ、現在のトランスがあると言えるほどの大ヒットナンバー。リリースされた当時はワープハウスと言われていました。後に日本で広がる「サイバートランス」ムーブメントはここから始まりました。

収録CD(Amazon)Out of the Blue/System F.

20:5,6,7,8/STEPS

元PWLのエンジニアであるピート・ハモンドのプロデュースでUKやヨーロッパで大ヒットし、その勢いは日本にも飛び火。独特のステップはクラバーだけでなくバライティー番組「めちゃイケ」でも人気のコンテンツとなりました。

収録CD(Amazon)5,6,7,8 The Collection/Steps

21:FLAME ON THE FIRE/MEGA NRG MAN

ここから再びユーロビートへ。このCDで3回目の登場となるMEGA NRG MANから鉄板ヒットナンバー。なぜか靴を脱いでフロアにスパーンと叩きつけるのが定番になっています。

収録CD(Amazon)Seventies/Mega NRG Man

22:MY SWEET BANANA/GO GO GIRLS

なんともアレな曲名ですが第三次ユーロビートブームの中でも大ヒットし、ギャル受けもよかった人気曲。おなじみの振り付けの他にも隠れた「裏パラ」があり、踊れることがステータスでもありました。

収録CD(Amazon)Super Eurobeat Vol.78/V.A.

23:NIGHT OF FIRE/NIKO

そして、第三次ユーロビートブームの火付け役として問答無用のメガヒット曲。現場ではNew Generationによるリミックスが人気でした。ハイパーテクノにリミックスされたバージョンもあることをご存じでしょうか?

収録CD(Amazon)Super Eurobeat Vol.82/V.A.

24:NUMBER ONE/FASTWAY

A-Beat CのサブレーベルであるDouble Recからリリースされた、これまたフロアには欠かせない定番曲。「かがやけ、ナンバーワン!」でおなじみ大阪プリンによるJ-EUROカバーも存在します。

収録CD(Amazon)Super Eurobeat presents Initial D ~D Selection 3~/V.A.

25:PLAY WITH THE NUMBER(RISING HIGH REMIX)/DOMINO

「SPINING LIKE A TOP」で突然日本語ユーロを歌い出し大きな衝撃を生み出したDOMINO。「I WANNA DANCE」に続く日本語ユーロ第3弾で、こちらも大ヒットします。フロアではRISING HIGHによるリミックスが定番でした。

収録CD(Amazon)Domino/Domino

26:Face the change(EUROBEAT REMIX)/Every Little Thing

ついに前人未到の領域に到達したSEB vol.100に収録されたELTの大ヒット曲のユーロビートREMIX。デビューシングル「Feel My Heart」でもDAVE RODGERSがユーロREMIXを担当しており、ELTとユーロとの相性はやはりバツグン。

収録CD(Amazon)Super Eurobeat Vol.100/V.A.

27:Depend on you(EXTENDED POWER MIX)/ayumi hamasaki

当時、ギャル人気ナンバー1だった浜崎あゆみの大ヒット曲。数あるヒット曲のユーロビートバージョンもフロアでは人気でした。こちらもSEB vol.100に収録されており、A-Beat Cらしいパワフルでアグレッシブなリミックスで人気でした。

収録CD(Amazon)Super Eurobeat Vol.100/V.A.

まとめ

このような感じでヒット曲満載、全曲ハズレなしの選曲は、さすが横田商会といったところではないでしょうか。

個人的には「Baby Don’t Cha Leave Me This Way/Royal T」とか、知ってるようで知らなかったりする曲が入っている・・・かゆいところに手が届くようでそうでない感じの曲が入ってるのに感動しました。実際にフロアに行かないと知らない曲ですものね。

ノンストップミックスでバッチリ現場を再現されてますので、興味を持たれたらぜひチェックしてみてください。

90年代のダンスミュージックとアニソンとオンラインゲームが大好物な人。以前はアイドルやアニソンのDJをしていたこともあります。

記事一覧

関連記事